09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先取り!! 薄桜鬼キャラはきっとバレンタインの日は…

普通に過ごしていると思う…。
特に女の人ってあんまり出てこないしwww
ということで…「薄桜鬼DEバレンタインの日の一日」をかきたいと思います!!
一応、バレンタインを知っている設定で!!
-とある、バレンタイン(2月14日)の朝-
「今日はついに…バレンタインだぁ???」
「ぱっぁん騒ぎすぎだっーの。」
「新八、お前は毎年もらえねぇ?だろっ!」
「だ…だまれ左之!!」
広間で永倉 新八と藤堂 平助と原田 左之助がバレンタインの話をしていた。
三人が話していると広間の近くの廊下から二人の足音が聞こえてきた。
「そうですよ。てか、女の人がいないんですから。」
「あまり浮かれるな。みなに迷惑をかける。」
広間にはいってきたのは沖田 総司と斎藤 一だった。
「確かに総司のいうとうりだよなぁ?。島原に行けばともかく・・・」
沈んだ空気のなか、斎藤が口を開いた。
「去年までは女がいなかったが、今年はいるだろ。一人」
四人は少し動きが止まった。
そして、沖田がその場を立ち上がった。
「僕、ちょっと用事思い出しちゃった」
「待てよっ!総司!!お前もしかして…」
「どうしたの、平助?」
沖田はニコニコした笑顔で広間を出て行った。
「ま…待てって!オレも行く!」
「待て平助、抜け駆けするな!俺らも行くぞ!」
そして、四人は広間を出て行った。
取り残された斎藤は静かに広間を後にした。
「今日の朝ごはんはなににしようかなぁ?」
かって場で今日の朝ごはんを考えている雪村 千鶴の元に四人がそろってきた。
そして、一番最初に声をかけたのは総司だった。
「千鶴ちゃん。今日はなんの日か知ってる?」
「み…みなさんどうしたんですか?今日…あぁ?!!」
「分かった!」
「はい!今日は巡察についていく日ですよねっ!よろしくお願いします。」
四人はどう反応すればいいのか分からなくなった。
                         
                                                           つづく!!
スポンサーサイト

いやぁ?好きですねぇ??

今、薄桜鬼の動画見てたんですけど…
「薄桜鬼碧血録×超電磁砲」が良かった!
ってか、結構合ってた(*^_^*)
あと、【MAD】とある羅刹の超電磁砲の1:02?1:07の所が私、好きです^^
なんか、探してるといいのがいっぱいでてくるZE☆www

おぉ?♪

随想録DSのOP決定したねぇ?!!
「響ノ空」だって!
ゲームOP見ましたよ(*^_^*)
いいと思う…ヽ(^o^)丿
今回はEDも吉岡さんらしいですよ!

ネタばれ注意!!(薄桜鬼)

薄桜鬼のラノベ読んでるんだけど…沖×斎じゃなくて斎×沖があった(●^o^●)wwwww
総「僕もうご飯入らない」
一「ならば、そのおかず俺がもらう」
ヤバいよ!!
しかも、学校の読書時間てきな感じの時だったから余計やばい…。。。
アニメを元につくってるってかいてあるけど、ちょっと違うよ(*^_^*)

薄桜鬼が好きな方へ…

いきなりでスミマセンが…
貴方は…沖斎派?
      土斎派?

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ

【Starry☆Sky 応援中!】
颯稀
青春六段
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。